国内でのビットコインの税金 - 知っておきたい ビットコインの税金

HOME » 税金について » 国内でのビットコインの税金

国内でのビットコインの税金

日本国内でビットコインを運用して利益を得たら、それには国内の税金が同じように課されます。
その種類は所得税となります。
この所得税とは、国内で得た収入にかかる税金です。
その収入の種類は、特定の物に限りません。
一般的なのは給料にかかるものですが、それ以外のものでもこの税金がかかるのです。

たとえば個人で事業を運営して利益を得たら、その収入にも所得税がかかります。
不動産を所有し、誰かに賃貸として貸して家賃収入を得たら、それにもこの所得税がかかります。
その他、ビットコインに近いものとして、株の運用がありますよね。
これでもそれで利益を得たら、所得税の対象です。

このように国内で何か収入を得たら、原則としてこの所得税の対象になります。
それはつまり、ビットコインの運用益も同じということです。
それで得た収入に対してこの税金がかかりますから、これで利益を得たら、それはすべて自分の手取り収入になるわけではなく、この所得税がかかりますから、忘れずに計算してください。

なお、ビットコインにかかる専門の税金はあるでしょうか?
たとえばビットコイン税といったものはあるかというと、これは特にありません。
ビットコインを購入したときや、売却したときにかかる特殊な税金はありませんから、ビットコインを普通に売買し、特に利益は出なかった場合、税金の心配はありません。
たとえば100万円で買ったビットコインが一切値上がりも値下がりもせず、日本円に戻したらピッタリ100万円戻ってきたとき、この間の取引で特に税金はかからないのです。

このように国内でビットコインの売買をすると、利益が出た場合に所得税がかかるのですが、これ以外の税金はかかるでしょうか?
その他の税金として、住民税や健康保険税などはかかります。
これら税金は、申告された所得に応じて課税されます。
申告された所得が高ければこれら税金も高くなり、低ければ安くなります。
ビットコインの売買で利益が出た場合、その利益の分だけ自分の所得が高くなるわけですから、このビットコインの利益によって住民税や健康保険税も発生するものと思っていた方がいいですね。

年間の収入がビットコインの運用益だけだった場合など、これがわかりやすいです。
年間で500万円の運用益を得ており、それだけが収入だった場合、翌年にかかる住民税や健康保険税はそのビットコインの運用益500万円から発生する形となります。
このように国内でビットコインを運用して利益を得た場合の税金は、所得税や住民税、健康保険税など、収入があったときに発生する一般的な税金になります。

税金について | 02月05日更新