ビットコインの税金の計算 - 知っておきたい ビットコインの税金

HOME » 税金について » ビットコインの税金の計算

ビットコインの税金の計算

税金はいくらかかるのか、それは自分で計算できると安心ですよね。
ビットコインにはどれくらいの税金がかかるのか、その計算法をご紹介しましょう。
まず課税額がいくらなのかの計算です。
税金は何か収入があった場合、その全額にかかるものと思われがちですが、実際には課税対象額の計算が先にあるのが一般的です。

つまり収入の全額に税金がかかることは少なく、その収入の一部にだけかかることが多いのですね。
ビットコインの場合はどうかというと、まずそれで利益が出た場合のみ、税金の対象になります。
利益が出るとは、そのビットコインの売買により、それをやる前よりもお金が増えた状態を指します。

たとえば、100万円分のビットコインを買った後、それが値上がりしたおかげで、130万円で売れたとしましょう。
このときの利益は、30万円になります。
実際にビットコインを売った直後、130万円の入金があるわけですが、この全額が利益となるわけでない点に注意してください。

なぜ全額が利益とならないのかは、この130万円のうちの100万円は、購入金額となるからです。
これはもともと自分が持っていたお金ですから、新しく得た収入とは扱いません。
新しく得た収入との扱いになるのは、購入金額を除いた部分です。
先の例では、130万円から100万円を引き、30万円となるわけです。
これが利益として扱われます。

なお、この売買をするためにかかった費用、たとえば取引所で支払った手数料があれば、それも利益から差し引けます。
たとえば売買それぞれで1000円ずつ手数料がかかった場合、これも利益から除外してOKです。
先の例では、30万円からさらに2000円を引き、利益は29万8000円となります。
これがビットコイン分の課税対象額となります。
もしほかに給与所得や事業所得などあれば、このビットコインで得た利益を足して、税金を計算してください。
たとえば給与所得が100万円あれば、ビットコインの利益と合わせ、合計129万2000円が課税対象額です。

このようにして合計の課税対象額を出したら、これに所得税の税率をかけます。
この税率は課税対象額の金額ごとに決まっていますから、それぞれの金額ごとに税率を必ず確認してください。
先の例の場合、195万円以下という区分に該当し、税率は5%です。
つまり129万2000円の5%が所得税としてかかりますから、計算すると6万4600円が税金としてかかります。
このようにビットコインにかかる税金は、まずその利益分を計算し、課税対象額を計算したあとにほかの所得と合算して、該当する区分の所得税率をかけるという計算になります。

税金について | 02月05日更新