ビットコインの税金の申告は絶対必要? - 知っておきたい ビットコインの税金

HOME » 税金について » ビットコインの税金の申告は絶対必要?

ビットコインの税金の申告は絶対必要?

ビットコインで利益が出ると税金がかかるわけですが、これは自分で申告する形になります。
ビットコインの運用で出た利益に合わせ、必要な税額を誰かが計算し、納付書などを送ってくるわけではありません。
ということは、自分で申告をしなければ税金を払う必要もないわけですが、それでもこれは絶対に必要なのでしょうか?

これは基本的に必須だと思ってください。
申告が必要なときにしなかった場合、あとでばれて納税を求められることも多いです。
とはいえ、インターネット上でやりとりし、自分のウォレットなどで管理しているビットコインの利益が税務署にばれるといっても、あまりイメージがつきませんよね。

税務署の方で、このような取引の内容を、すべて正確に把握しているわけではありません。
インターネット上の通信内容や、ウォレットの中身などを監視されているわけではないのですが、それら取引の結果、現実の金銭が動く場面では、税務署がこれを把握している場合があります。
なぜかというと、税務署はその職権により、銀行の口座の履歴などを調べられるからです。

ビットコインへの投資をするときは、銀行口座から投資用の資金を入金し、それで得た利益もどこかの口座へと出金するのが一般的です。
ビットコインの取引所への入金歴や、そこからの出金歴は基本的に口座に残るため、これを手掛かりに税務署はお金の動きをチェックします。
税金の申告が必要なくらいの利益が出る場合、入金額や出金額もかなり大きく、それらが何による、何のための入出金だったのか、税務署の目を引くことは多いですね。
もし疑問があるときは、一般個人へも税務調査が行われ、自宅まで調査官が来訪し、その場で質疑応答が行われる場合もあるのです。
このような形で税務署はお金の流れを調べられるため、ビットコインにかかる税金の申告をしていなかった場合、あとでばれることはあります。

ですから、もし税金の申告が必要とわかったら、自発的に必ずやっておくのが基本です。
なお、銀行口座の履歴でそれがわかるなら、銀行口座を使わなければ、ばれないのでしょうか?
これはビットコイン投資の方法上、基本的に難しい方法ですが、もしこれをやっても、ばれる可能性はあります。

ビットコインの利益が大きく、生活費のためと思われる出金がぴたりと止まったり、申告されている本人の収入では難しいはずの水準の生活をしていたりすると、やはり税務署の目を引き、税務調査が入ることがあるからです。
必要な申告をしなかった場合、それがビットコインの運用益だったとしてもばれるおそれはありますから、税金の申告はやっておくのがおすすめです。

税金について | 02月05日更新