ビットコインの税金 - 知っておきたい ビットコインの税金

ビットコインの税金

▼目次

仮想通貨の税金

高い運用益を出せるとして、現在人気のビットコイン。
これで億単位の収入を得た人なども登場しており、副業や資産運用に興味がある人達から注目されています。
おすすめのビットコイン取引所はこちらでチェック
現在は値上がりが激しいことで、比較的少額の投資でも利益を上げられることがあるのですが、そのあとには税金がかかることも知っておく必要があります。

この税金がかかるのは、ビットコインに限った話ではありません。
仕事をして収入を得たら、それにも税金がかかりますよね。
何か収入があれば税金がかるのが基本です。
これは資産運用で得た収入でも変わりません。
たとえば株や不動産の運用で収入を得た場合、それにも基本的に税金がかかっているのです。

ビットコインは比較的最近登場した資産で、投資へのハードルが低いのが特徴です。
これまで資産運用をやったことがない人が挑戦している例も多いため、運用益にかかるこの税金のことが見落とされたりします。
ビットコインで利益が出れば税金がかかることを忘れないでください。
ビットコインの税金についてははこちらの記事がわかりやすいので確認するとよいでしょう。

税金がかかるタイミング

とはいえ、いつ、どのように税金がかかるのか、仮想通貨のビットコインではイメージもしづらいでしょう。
これを買ったら税金がかかるのでしょうか?
実はこれは利益が確定したときです。
ビットコインを持っているだけなら、まだ税金はかかりません。

この税金がかかる典型的な例は、日本円でビットコインを買った後、これをまた売って日本円に戻したときです。
このときにいくら戻るのかは、ビットコインの値段によります。
このレートは時期によって変わるため、以前よりもいい値段になることもあります。
これこそが、ビットコインが儲かるとして注目を集めている理由ですよね。

トレードしないと課税されない?

たとえば1BTC買ったとき、以前は100万円だったのに、今は110万円だったりするわけです。
このようにレートが変動した後でビットコインを日本円に戻すと、収入を得られるわけですね。
以前は100万円だったものが、それを一度ビットコインに替えることで110万円になったわけですから、差し引き10万円の収入です。
このようなトレードを本当にやり、手元に10万円が手に入ったときが、課税のタイミングになります。
ではこのトレードをしないときは、どうなるのでしょうか?
このときはまだ課税されません。
先ほどの例のように、100万円で買ったビットコインが110万円に値上がりしたとき、それを今すぐ日本円に戻せば10万円の収入を得られるものの、実際に戻すまでは、それはまだ見込み額でしかありません。

さらにビットコインの値上がりを待っているうち、今度は大きく値下がりして、90万円ほどの値段になったとしましょう。
このときに日本円に戻すと、10万円の損失ですね。
さらに持ち続けると、今度は120万円に値上がりし、20万円の収入見込みになったりもします。
このようにビットコインは常に値段が変わっているため、見込みの段階ではまだ利益として認められません。
これを実際に別の通貨へ替えた瞬間が、利益の確定のポイントとなり、課税のタイミングにもなります。

そしてこれは、日本円で買ったビットコインを、日本円以外のものに替えたときも同様です。
このときも同じように税金がかかります。
たとえばビットコインを普通の通貨として使ったときです。
ビットコインは普通の通貨として使えるお店もありますが、そこで何かを買ったときも、同じように税金がかかります。

たとえば100万円で買ったビットコインが110万円に値上がりしたタイミングで、価格がピッタリ110万円となる自動車を買ったとしましょう。
このときはそのビットコインを日本円には替えていないわけですが、同じように10万円の収入を得たとして、このタイミングで税金が発生します。
なぜかというと、そのビットコインを一度日本円に戻し、その日本円で買い物をしたのと同じ扱いになるからです。
一度ビットコインを日本円に戻す手順を省いているだけで、流れとしては同じですよね。
その110万円のうち、100万円はもともと自分が持っていたものですから、新しく得た収入は10万円となります。

このような課税のタイミングは、ビットコインを他の仮想通貨に替えたときも同じです。
最近は仮想通貨同士の交換例も多くなっていますから、ビットコインを他の仮想通貨に替えることもあるでしょう。
これでも原理は同じで、税金がかかります。
先ほどの買い物の例と同じく、そのビットコインを一度日本円に戻し、その日本円ですぐに別の仮想通貨を買ったのと同じだと扱われるわけです。
その瞬間がビットコインの利益確定の瞬間となり、税金が発生します。

まとめ

このようにビットコインは持っているうちに価値が変わり、それで儲かることがありますが、その収入分を正式に確定したタイミングで、税金も同時に発生することはよく知っておきましょう。
なお、ここで発生する税金は、自動的に集計され、どこかから督促が来るのではなく、自分でそれを集計し、税務署まで届け出ないといけません。
普段から自営業などやっている人でないと、慣れない作業になることも多いですから、やったことがない人は慎重に対応してください。